2年後2021年12月21日、僕は生きることを選ぶだろうか

2019年12月21日思考

ピンボケした灯り

28歳になったらもう終わろう

いつからか漠然と思っていること
嫌なことがあると強くそう思う

ある日そういえば日にちを決めていなかったことを思い出した
28歳になった日?28歳が終わる日?
1000日後を計算してみた。
それが2021年12月21日だった。
12月21日は誕生日でもなんでもないけど、
なんとなくいい日付だと思った。

なんで28歳か28にこだわっているのかよく分からない

完全数とか、出席番号で28番だったことがあるとか、好きな(好きだった?)バンドが28歳を大切にしていたとか、卒業研究で28が重要な数字だったとか
理由を考えるけれど、こういう理由だから28とかというのはない

 

これまでの人生あまり楽しいことがなかった
あったのかもしれないけど、それ以上に辛いこと苦しいことの方が何倍もあった

他の人だってそうだと言われればそうなのかもしれないし、感謝が足りないって言われるかもしれない
だけど、今ではもうそれが何?という感じ。
感謝が足りないんだと思って毎日の当たり前を感謝していたこともあった
雨風をしのげる家があることに感謝、ご飯が3食食べれることに感謝、着る服があることに感謝、事故事件なく行って帰ってこれたことに感謝、朝無事に目を覚ませたことに感謝
そうやって毎日の一つひとつを挙げて感謝したけど、辛いことは辛いし、苦しいことは苦しい
自分のこういう気持ちを持つことはいけないことなのか?そうやって自分の気持ちを否定するのも苦しかった
他の人だって辛くて苦しいのかもしれない。だけど、私だって辛くて苦しい。この気持ちを他人が否定されるのは赦されるのか

28歳まで生きてみて辛くて苦しいならこの先も変わらないと思う

小さい頃から大人になった幸せな自分を想像できなかった
今は30代、40代、それ以上になったときの自分がもっと想像できない
結婚とか子供とかは諦めてるし、すごいしたいわけじゃないし、まあできないけど。
かといって独りで何十年も生きるのはなんか無理だな

 

まあ、ここまで長々と書いたけど、絶対そうするって決めているわけじゃない
今のままだったらそうするっていう感じだ

今と同じかそれ以上に辛い、苦しいと感じていて、楽しいことがなかったらそうするつもり

それに、人生を変えること、幸せになることを諦めているわけじゃない

このために生きていたいっていうわけじゃないけどやってみたいこともある
 関連記事:やりたいことが何もなかったひきこもりがやりたいと思えたこと

だから、あと2年頑張るつもりだ
2年後、どういう状態でどういう気持ちなのか、何かを変えれたのかは分からない
2年後、どちらの決断をするだろう
今はなんとなく生きる方を選ぶ気がしている

なんか締めの言葉が気に入らないけど、他にいい文が思い浮かばなかった