第66期王座戦は東西王子対決 中村太地王座 対 斎藤慎太郎七段

2018年10月1日趣味

将棋

第66期王座戦五番勝負は第2局を終え、挑戦者の斎藤慎太郎七段が2連勝とし初タイトルへあと1勝という状況になっています。
明日10月2日(火)の第3局は斎藤慎太郎七段が勝利し初タイトルを獲得するのか。それとも、中村太地王座が巻き返すのか注目です。

実はこのお二方、その端正な容姿からそれぞれ東の王子、西の王子と呼ばれています。
そのため、観る将の方々からも注目されている対局なのではと思います。

観る将とは?という方はこちら

中村太地王座

まずは東の王子、中村太地王座
中村太地|棋士データベース|日本将棋連盟

Twitter なかむらたいち@banibanilla

タイトル戦登場回数4回(今期の王座戦含む)、タイトル獲得1期。第65期王座戦で羽生王座に勝利し、自身にとって初タイトルとなる王座を奪取しました。今回は初の防衛戦となります。
以前は振り飛車党でしたが、現在は居飛車党。
学生時代、学業面でも優秀な成績を修めていて、早稲田大学を卒業している高学歴です。
テレビ出演が比較的多い棋士で、NHKEテレ 将棋フォーカス(日曜日 10:00~10:30)には隔週で出演されています。 (2019年3月で番組を卒業されたようです。)
はっきりとした話し方で解説など聞きやすいです。真面目でしっかりしている印象を受けます。
本人は男性ファンが多いと語っていますが、どうなんでしょう?

斎藤慎太郎七段

続いて西の王子、斎藤慎太郎七段
斎藤慎太郎|棋士データベース|日本将棋連盟

タイトル戦登場回数は2回(今期の王座戦含む)。今回、王座を奪取すると自身にとって初のタイトル獲得となります。
棋風は居飛車党で、詰将棋が得意なこともあり終盤には特に定評があります。詰将棋は好きを通り越して愛しているそうです。
イケメン棋士として女性誌に載ることも多いです。
対局時は眼鏡をかけていることが多いと思います。ワイシャツはグレー?などの白以外の色をよく着用されているイメージですがこだわりがあるのでしょうか?お洒落だと思います。
対局時、解説時などの振る舞いが落ち着いていて、品があるところも人気につながっていそうですね。
女性ファンが多いと言われていますが、棋風や解説の分かりやすさなどから男性ファンも多い気がします。
関係ないですけど、僕と同年齢なので勝手に親近感を持っていて応援しちゃうんですよね。

第3局は明日10月2日(火)

第3局は明日10月2日(火)です。斎藤七段が3連勝でタイトルを奪取するのか、中村王座がタイトル保持者としての意地を見せて踏み止まり初防衛へと繋げられるのか注目です。
対局風景はニコニコ生放送、AbemaTVで無料で視聴できます。イケメン棋士が気になる方はご覧になってはいかがでしょうか。

 

追記:
第66期王座戦は第3局、第4局は中村太地王座が連勝。
フルセットの末、第5局は斎藤慎太郎七段が勝利し、自身初のタイトルとなる王座を獲得しました。