ANA JCBプリペイドカードとは?お得でプリカの中で1番のオススメ

2020年7月15日マネー

カード

プリペイドカードが欲しいと思って、どのプリペイドカードが良いか調べました
検討したところ、還元率などから「ANA JCBプリペイドカード」がお得だと判断し、発行しようと思いました

今回は、「ANA JCBプリペイドカード」について調べたことをまとめたいと思います

ANA JCBプリペイドカードの発行はこちら

ANA JCBプリペイドカードとは?

ANA JCBプリペイドカードは、カードに入金(チャージ)して実店舗ネットショッピングの支払いに使えるプリペイドカードです
15歳以上(中学生除く)の方なら審査なしで誰でも発行することができます

ANA JCBプリペイドカードは利用・チャージ額に応じて「マイルが貯まる」もしくは「キャッシュバックされる」という特徴があります

ANA JCBプリペイドカードは世界中のJCB加盟店で利用可能です
さらにGoogle Payに対応しているため、Androidユーザーの方はカード登録すればQUICPay+マークの店舗で利用することができます

利用開始手数料・年会費が無料

ANA JCBプリペイドカードは利用開始手数料が現在無料キャンペーン中(2021年3月31日(水)まで)です
それ以降は550円(税込)
※利用開始手数料とは初回チャージ時にかかる手数料

また、年会費が無料です

スポンサーリンク

コースが2つ:「マイルコース」「キャッシュバックコース」

利用・チャージ額に応じて、マイルがたまる「マイルコース」、バリューを還元する「キャッシュバックコース」があります

マイルコース

ショッピング利用のマイル付与率は0.5%です

ショッピング利用1,000円(税込)=5マイル
(前月16日から当月15日までの利用代金の合計)
チャージボーナス半年間(3/16~9/15,9/16~3/15)のチャージ合計額に応じて付与
12万円以上:一律180マイル
24万円以上:一律360マイル

マイルの使い道について詳しくはこちら
また、マイルの使い道の1つに「提携ポイントへの交換」があります。詳しくはこちら

キャッシュバックコース

ショッピング利用の還元率は0.5%です

「マイルはいらないかな…」という人にもおすすめのコースです

ショッピング利用200円(税込)= 1円
(前月16日から当月15日までの利用代金の合計)
チャージボーナス半年間(3/16~9/15,9/16~3/15)のチャージ合計額に応じて付与
12万円以上:一律180円
24万円以上:一律360円

ANA JCBプリペイドカードの特徴の1つがチャージでもマイル付与もしくはキャッシュバックがあるというところです
ただし、半年間で最低でも12万円以上チャージしないとチャージ特典はもらえません

また、ショッピング利用もチャージボーナスも定められた期間の合計額に応じてマイル・キャッシュバックが付与されるため、端数の切り捨てが最小限で済むのもメリットです

マイル付与率・キャッシュバック還元率はどちらも0.5%で、これはプリペイドカードの中で高還元率です

どちらのコースが良いかは人それぞれだと思います
自分にとって使いやすいマイルの使い道があればマイルコースを選択したら良いと思います

チャージ方法:手数料無料でチャージできる方法あり

ANA JCBプリペイドカードのチャージ方法には、ローソン店頭クレジットカード(JCB)銀行口座WEBコンビニ(セイコーマート、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン)の4つがあります

チャージ方法手数料(税込)最低チャージ額
ローソン店頭無料1,000円
クレジットカード(JCB)無料1,000円
銀行口座10,000円未満:110円
10,000円以上:無料
5,000円
WEBコンビニ10,000円未満:110円
10,000円以上:無料
5,000円

ローソン店頭・クレジットカードは1,000円から、銀行口座・WEBコンビニでは1万円から無料でチャージすることができます
チャージ手数料を無料にする条件はそんなに難しくないかなと思います

スポンサーリンク

オススメのチャージ方法はクレジットカード

ローソン店頭、クレジットカード(JCB)、銀行口座、WEBコンビニの中で1番オススメのチャージ方法は「クレジットカード(JCB)」です
その理由は2つあります

まず1つめは「ネットでチャージが完了する」という点です

ローソン店頭、WEBコンビニは店舗に行く必要があります
銀行口座は金融機関ATMで手続きを行う場合があります

クレジットカード(JCB)でのチャージはネットの手続きだけでチャージが完了できます
店舗やATMを探す必要がないので手軽ですね。

2つめは「クレジットカードのポイントが貯まる」という点です

ANA JCBプリペイドカードのチャージにクレジットカードを使うとクレジットカードのポイントが付与される場合があります

例えば、還元率が1%のクレジットカードでチャージをして、ANA JCBプリペイドカードで買い物をした場合、

クレジットカード(JCB)(1%)+ANA JCBプリペイドカード(0.5%)=1.5%

というように二重取りすることができます。

ただし、クレジットカードによってはANA JCBプリペイドカードのチャージはポイントが付与対象外の場合があります
My JCB登録可能なカードはポイントが付与されないそうです
(例:JCBオリジナルシリーズ、リクルートカード、ソラチカカード etc.)

チャージでポイントが付与される主な高還元率のクレジットカード(JCB)は、楽天カードヤフーカードイオンカードなどだそうです
ANA JCBプリペイドカードのチャージ用が目的でクレジットカードを発行する場合は国際ブランドの選択をJCBにするのを間違えないようにしましょう

注意点

ここまでANA JCBプリペイドカードのメリットを中心にまとめてきましたが、最後に注意点だと感じた2点について紹介したいと思います

コース変更はできない

「マイルコース」「キャッシュバックコース」の2コースがありますが、入会後のコース変更はできません

2枚以上重複して保有できない

ANA JCBプリペイドカードは1人1枚しか保有できません
異なるコース、色のカードを追加で発行することはできません
(ANA JCBプリペイドカードはシルバー、ブルー、ピンクの3色)

以上の2点から発行の際の「コース選び」「色選び」を慎重に検討したうえで発行しましょう
「マイルコース」「キャッシュバックコース」どちらが良いかは人によると思います
自分にとって使いやすいマイルの使い道があればマイルコースを選択したら良いと思います

おわりに プリペイドカードの中でお得

今回はプリペイドカードの「ANA JCBプリペイドカード」についてまとめました
調べてみたらプリペイドカードの中でもお得なプリペイドカードでした

現在利用開始手数料の無料キャンペーン中、年会費無料、チャージ手数料も簡単に無料にできるため、全て無料でカードを使用することができます
そのうえで、使用したら0.5%のマイル付与もしくはキャッシュバック付与、さらにチャージボーナスがあるためお得だと思います

私はマイルの使い道に困るなと思ったのでキャッシュバックコースにするつもりです
それから、チャージには楽天カードを使うつもりです

現在、楽天カードで支払っている普段の買い物を「楽天カード+ANA JCBプリペイドカード」にして、よりお得にお買い物したいと思います

ANA JCBプリペイドカードの発行・詳細はこちら