久しぶりに服を買いに行って身だしなみをちゃんとするのって難しいなと思った話

日記,ひきこもり

先日、久しぶりに服の買い物に行った
何度も来て薄くなった服とかを捨てることはしてたけど、補充で買うことはほとんどしてなかった
何店舗か回ったけど結局ニット1枚を買うだけだった
そして、そのニットも必要だったのかよく分からない…

今は外出しない日も多いし、外出してもバイト先に行くか近くのスーパーに買い物に行くかくらいだ
それ以外の外出はあまりない
バイト先やスーパーの買い物はジャージで行くことが多い
外に出ない日は寝る時に着る服を起きてからもずっと着ている

だから、あまり服が必要じゃなくなってた
だけど本当に服が減っていて、ネットでたまに見る「服を買いに行くための服が無い」を体験してしまった

買い物に行こうと思ってもまずどの店に行っていいか分からなかった
田舎だから服が買える店舗なんて多くないんだけど学生の頃行っていた店はどこか幼く感じて、もう対象の年齢ではなくなったんだろなと思った
大人っぽい服の店は大人っぽくて自分みたいなのが着るのは不似合いに感じてしまった

ひきこもってる間、その年齢でしかできないファッションってあったんだろうなと思った

スポンサーリンク

昔は服を見るの楽しかった
今はもう、疲れるって感じてしまう

学生の頃は服が大好きでよく見に行ってたしよく買ってた
まあ、服を買うことで発散してた部分もあったように今は思う

学生の頃は浮かないようにと自分の気分が落ちないようにってことで服を選んでたように思う
どっちも上手にできなかったけどね

大学の後半は病んでて服を選ぶのができなかった
朝、起き上がるのも難しくてぎりぎりになんとか起き上がって、洗濯して乾いてるけど畳めなくて床に山にしてたところからテキトーにとってた
だから、いつも変な組み合わせで行ってた
ちゃんとできてる周りと比べてテンションが下がるの繰り返しで悪循環だった

服をちゃんと選べた日でも、浮かないように変じゃないようにちゃんとできてたつもりでもやっぱりどこか変だった
変って分かってても何をどう直せばちゃんとして見えるのか分からなかった
今でも分からない

当時って配色くらいしか気にしてなかったけど、
それだけじゃなくてサイズ感とか素材感とか、服にシワや毛玉やほつれがないとか、
そういうのにも気を配らないといけなかったんだと思う
アイロンほとんど使ってなかったしね。
あと、トップス、ボトムスだけじゃなくて靴下とか靴とかアクセサリーとか鞄とかそういうのにも気を遣わないといけなかったんだと思う
センスないからな…、いつもちぐはぐ。
センスがある人は無意識にでも変じゃないものを選べるんだろうか

服とかだけじゃなくて、髪とか肌とか眉毛ぼさぼさにしないとか匂いとか爪とかにも気を遣わないといけなかったんだと思う

体臭は特にやっかいで、脇にクリーム塗らないといけなかったのにいつも忘れてた
服の脇のところにパッド貼らないといけないのによく忘れてた
家を出てから気づいて駄目な自分によく落ち込んでた

自分で分かる範囲で気をつけないといけないところを挙げてみたけどまだまだあるんだろうな
挙げたことを気をつけないといけないのは分かってても忘れてたり、時間が足りなくてできなかったりする
それに変だなっていうのは分かってても、何をどういうふうに改善して気をつけていかないといけないかが分からないこともある
見た目をちゃんとするってやらないといけないこと多いし、ちゃんとしようと思うとすごく時間がかかる…
ちゃんとしてるつもりでもできてなくて難しい

なんで世の中の人はあんなにちゃんとした見た目なんだろう
どれくらいの時間をかけてあのクオリティーを保ててるんだろう

もし社会復帰できても見た目を上手くできなくて、浮いたり悪印象を持たれたりするだろうなと思うと、社会復帰できる目処もないのに既に気が重い