外に出ない日でも寝る時の服のままじゃなく着替えるようにした話

日記,ひきこもり

最近、家から出ない日でも着替えるようにしています
そうしてみて変わったかなと思ったことについて書きたいと思います

着替えるようになった理由

まず、「毎日着替えてなかったの!?」と驚かれたりひかれたりするかもしれない…
これはひきこもりになる前からで、学生の時から外に出る時しか着替える習慣がなかった
家にいる時は寝る時の服のままで過ごしていた

ひきこもりになってからもこれは同じで外に出る時しかちゃんと着替えてなかった
学生の頃はほぼ毎日外に出ることになるわけで、ほぼ毎日「着替える」ということをしていた
だけど、ひきこもりになってからは外に出る日の方が少なくて着替える回数が減っていた

服が勿体ないから着ることにした

近所のスーパーに買い物に行くときやバイトの行くときはジャージで行くことが多い
ひきこもりになってから着古した服を処分することはあっても、ほとんど買い足してなかった
持っている服は年々減っているんだけど、大学4年の頃とかに買った服はまだ傷んでいない
だけど、20代前半に買った服って今27歳の自分にとっては幼い気がした

その頃にもっと着れば良かったな、とこの前衣類の整理をしていた時に思った
誰かに会うわけじゃないし家で着ることにした

着替えることでスイッチのオン・オフを期待

寝る時に着る服のままだと、身体がリラックスした気持ちになってすぐに横になりたくなってしまう
もともと頑張って活動できる時間が短いため、活動できる時間を長くしたかった
服を着替えることで緊張感が生まれて活動できる時間が長くできるといいな、と思った

社会復帰した時のための練習

残念ながら社会復帰の予定なんてないし、できる日がくるか分からないんだけど、
社会復帰できたら「着替える」という作業は毎日しないといけなくなるだろう
だから、その時のために練習しようと思った

スポンサーリンク

着替えるようになって変化したこと

着替えるようになって大きな変化は、正直無いけれどちょっとだけ変化したかなと思うのは次の3つ

スイッチは入るように感じる

着替えることでメリハリがついたらいいと思ったけど実際、スイッチが入るような気が少しする
横になりたい気持ちが出てきても我慢できることも増えたように思う

服を着替えた方が暖かい

これまで、寝る時の服にパーカー、半纏を着るのが持っている衣類の中で1番暖かい格好だと思ってた
だけど、着替えた方が暖かかった
ニットなんて本当に暖かい

暖かいから活動がしやすいです

洗濯物は増える

着替えるとやっぱり洗濯物は増えます
干す量も畳む量も増えるわけだから、以前より疲れます。まだ慣れてないです

汚いって思われるだろうけど、外に出なかった日に着た服は次の日も着ることが多いです
肌に直接触れるインナーとかは1回着たら洗濯するけど。
夏とか暑くなると服も毎日洗濯しないといけないと思うけど、今は室内で2日くらい着てから洗濯してます
買い物とかで外に出た時に着た服は必ず洗濯しています

おわりに 着替えない日は今もある

最近、家を出ない日も着替えるようになった話について書きました

今より調子が悪かった時は服を着替えるって行為はすごく難しかった
何を着よう、どういう組み合わせで着よう。服を着替える時寒い、とか。

服が勿体ないと思ったのがきっかけで服を着替えるようになりました
服を見るのは昔から好きでした
多分、その年齢でしかできない服装ってあったと思う
まあ、しょうがない、その時はそれも苦痛だったから。

服を着替えるようになって暖かかったのが1番の発見でした

ここまで書いときながら、このブログ記事を書いている現在は寝る時の服のままです
数日前から頑張れなくて、今日は着替えれてません
今も着替えれない日はあります
まあ、着替えれる日や活動できる時間が増えるように頑張れたらいいなと思います

メリット,,着替え

Posted by なす