これまで運動してこなかったひきこもりが1か月ジョギングしてみた

2018年12月12日日記,ひきこもり

ジョギングする人

私はひきこもりですが11月にジョギングをしていました。

これまでの人生、体育の授業くらいでしか運動していませんでした。
そこで、運動をしてこなかった自分でも達成できるような易しいルールを設定しました。

実際に1か月、ジョギングをしてみて思ったこととかをまとめたいと思います。

走ろうと思った理由

体力をつけたい

理由の1つは体力をつけたいと思ったからです。

体力は元々ありませんでしたが、ひきこもりになってから、本当に体力が落ちました。
外に少し出ただけでも、帰ってくるとぐったりです。こんなに体力なかったっけ…、と思います。

だから、運動をしようと思いました。

うつ病にはジョギングがいいと聞いたから

うつ病の人がジョギングをして良い方向に向かったというのを、ブログとか掲示板とかで読みました。
良い方向に向かえるなら、やってみたいと思いました。

1人でできるから、準備にお金がかからなから

運動自体は結構前からやりたいと思っていました。

何をするか考えた時にバスケとか、バドミントンとかに憧れがあったけど、一緒にする人がいないから無理だなーと思いました。
それに、お金も無いので道具とかもあんまり買えません。
そうなると、1人でもできて、そんなにお金がかからない、というのが条件になります。
ジョギングなら1人でできるし、シューズとジャージを買うくらいで済みました。

ウォーキングでも良かったのかもしれませんが、激しい方が「運動した!」と思える気がしたのでジョギングにしました。
まあ、シューズを買ってからジャージを買うまでに1年くらい経ちましたけど…。
そして、そこから走り始めるまでに結構かかった…。

達成できそうな易しいルール

リスト

三日坊主にならないために、自分でも達成できそうなルールを作りました。それが次の3つです。

2日連続では走らない、走らない日が3日以上続かないようにする
日曜日は走らない
雨の日は走らない

1つずつ触れます。

2日連続では走らない、走らない日が3日以上続かないようにする

今の自分にとって毎日走ることはハードだし、外に出ることはハードルが高いと思いました。
だから、2日連続では走らないと決めました。
それから、急に毎日運動するのは身体に負担がかかりすぎてしまうとネットで読んだのも理由です。
だけど、走らない日が続くのはいけないと思い、走らない日が3日以上続かないようにしようと思いました。

日曜日は走らない

走らなくていい日を作ることにしました。
その方が「今日は走らなくていいんだ」と思え、気持ち的に楽だからです。
日曜日を走らないことにしたのは、日曜日の雰囲気があまり好きではないからです。
世間の人は明日から仕事とか、学校とかがあって、それに立ち向かう準備をしている雰囲気はなんとなく焦らされます。

雨の日は走らない

1日目が雨でした。ぽつぽつと降っていました。
だけど、「今日から走るぞ」と意気込んでいたので走りに行きました。
当たり前だけど、結果的にびしょ濡れになってしまいました。
風邪をひいてしまいそうだと感じたし、シューズが乾くまでに時間がかかりました。
だから、雨の日とか、雨上がりでシューズが水を吸ってしまいそうな日は走らないことにしました。

結果このルールを守って10日走りました。週に2~3回ペースでした。
なんか10日って書くと少ないなーって思ってしまいます(笑)
だけど、11月が終わった頃は頑張ったなーって気持ちが強かったです。

スポンサーリンク

走っている時とかの話

ジョギングについての知識は全く無く、ネットで少し調べました。
調べてみると、初心者が急に道路を走ると膝を壊すと書いてありました。
運良くアパートから1km程度のところに公園のジョギングコースがあります。
そこは、普通の道路と比べると軟らかい気がしました。
ジョギングコースを2往復すると2kmくらいです。
そのため、ジョギングコースまで歩いて行き、ジョギングコースを2往復走って、歩いて帰ることにしました。
だから、歩いている時間の方が長かったですね。

それから、距離を決めるんじゃなくて時間を決めて走ると良いとありました。
だけど時間を決めて走ると、まだ終わらないのかと時計ばかり気にしそうだなと思いました。
ということで、距離を決めて走ることにしました。

これらはネットで軽く拾った情報なので参考程度にお願いします。

走り始めてみると、腕が触れないし、地面を上手く蹴れませんでした。
だから、なんだか身体が前に進まない。走るのってこんなに難しかったっけ?と思いました。
多分、歩くのとそんなに変わらないスピードで走ってました。
ランナーの人も結構いて、ジャージとか走るフォームとかの姿勢が全然違った。
親子で走っている人達もいて、小学生にもたくさん追い抜かれました。
自意識過剰だけど、走り慣れている人達と一緒に走るのはなんだか少し恥ずかしかったです。
走り慣れている人達は、やっぱりかっこ良かったですね。

ゴール

走って良かったと思うこと

達成感がある

自分が決めたルールを達成できたというのが単純に嬉しかったです。
それと、走り終わるといつも達成感がありました。
なんだか心地良い疲労感もありました。

風呂に入るようになる

風呂は嫌いでいつも入るまでに時間がかかるけど、ジョギングから帰ったらすぐに入っていました。
日が落ちてから走っていたので体が冷えていたのと、全身から汗をかいていたので早く洗い流したいという気持ちになるからです。

ストレス発散になる

もやもやしいているのが吹き飛ぶ、というのはやっぱりありました。
普段ストレスを感じると食べるか、寝るか、もやもやしてイライラするしかありませんでした。
だから、運動というストレス発散はとても有益だと思いました。

スポンサーリンク

走ったことでのマイナス面

風呂と洗濯で水道代がかかる

風呂の頻度は増えるし、ジャージの洗濯で洗濯物の量が増えます。
11月の水道代はいつもより高かった…。

身体が痛い

久しぶりに運動したので、筋肉痛?ぽいのが結構ありました。特に脚はだるかったです。

無駄な時間が多い

今の私にとって外に出ることはハードルが高いです。

ジャージ着る前に20分くらいぐずぐずして、準備体操する前にまたぐずぐずして。
シューズを履いてから、玄関のドアを開けるまでにまたぐずぐずする。
外に出るまでに合計で1時間くらいはぐずぐずしてました…。

12月現在続けているのか?

正直に言うと、12月はジョギングしていません!

ジョギングを始める時、とりあえず11月の1か月やってみようという気持ちでした。
そして、11月を終えてエネルギーが切れました。
続けようという気持ちもあったけど、11月中は「一生運動しないといけないのか…」という果てしないなーという気持ちがありました。

そしてなにより寒い。
寒いので外に出るのが億劫です。
だから、12月は室内でできるストレッチとか筋トレとかをしようか少し考えていました。
しかし、今のところしていません。
やる気が無いというのもあるし、何をしていいか知識が無いというのもある。
そして、部屋干しをしているので部屋が狭くてスペースが無いというのもあります。
全て言い訳ですね…

まとめ

今回は11月に取り組んだジョギングについて振り返りました。

1か月やってみて、やっぱり1か月だと体力がついた感じはまだしないかなー思いました。
だけど、自分が決めたルールを守れたことや、続けるという目標を達成できたことは少し自信が持てるきっかけになりました
これまでの人生を振り返って、運動に関する目標を達成したのは初めてかもしれません。
暖かくなったらまた走りたい気持ちも一応あります。せっかく、シューズやジャージも買ったし。
世の中のランナーの人達は走って仕事して、すごいエネルギーだなと思います。
私も1日にできることの量が増えるように頑張りたいです。