クレジットカードが欲しかったので楽天カードを発行した。その理由

2019年12月26日マネー

クレジットカード

クレジットカードが欲しかったので楽天カードを発行しました。
どうしてクレジットカードが欲しかったのか、どこのカードを発行したのか書こうと思います。

クレジットカードを発行した理由

クレジットカードを発行した理由は主に次の2つです。

 

デビットカードを使ってカード払いは便利だと思った

何か月か前の記事で楽天銀行デビットカードを作ったことを書きました

デビットカードを使ってみて、カード払いって便利だなと思いました
今までかなりの現金派で、支払方法にカード払いがあっても、それ以外の方法で決済していました。
手数料がかかる場合でも、外に払いに行くことになっても。
だけど実際に、カード払いをしてみて楽だなと思いました。今までの、金銭的、時間的、身体的負担はなんだったんだろうと思いました。

キャッシュレスが話題になっていたから

今年は消費税増税でキャッシュレス決済が話題になっていましたね。
それで、よくキャッシュレス決済について耳にするようになって抵抗感が減りました。
これまでは自分が未体験のことに対して、すごく抵抗がある人間で現金派でした。
だけど、これからはキャッシュレス決済でポイントを還元してもらったり、キャンペーンとかを上手く活用した方がお得なんだと思いました。
同じ金額を支払うなら、カード払いをしてポイントを貰うことにします。

というような理由でクレジットカードを発行しました

スポンサーリンク

発行したクレジットカードは楽天カード

発行したクレジットカードは楽天カードです。
どうして楽天カードを発行したのか?
一言でいえば有名なカードだからという理由でした。CMでもよく見るし。

楽天カードについて少し紹介したいと思います。
楽天カードにはいくつか種類(楽天カード、楽天PINKカード、楽天ゴールドカードなど)がありますが、ここでは私が発行した楽天カードについてまとめます。
その他のカードの詳細については公式サイトで確認してください。
楽天カード カード一覧

楽天カードの特徴・メリット

楽天カードの特徴と利用してみたメリットをまとめたいと思います。

年会費永年無料

楽天カードは1年目、そして2年目以降もずっと無料で利用できます。
だから、「○円は使わないと損する」というのは無いのでクレジットカード初心者にも向いているんじゃないかなと思います。

ポイント還元率は1%

カードの利用で100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)付与されます。
年会費無料のクレジットカードでは高還元の部類だそうです。
それから、何円利用でも還元率が一定なので分かりやすいです。この点もクレジットカード初心者に向いている点なんじゃないかなと思います。

楽天スーパーポイントは貯まりやすい・使い道が豊富

レジでカードを出す

楽天カードを利用して貰える楽天スーパーポイントは、楽天カードを使用する以外にも貯める方法がたくさんあります。
例:楽天市場 楽天トラベルなどの楽天グループのサービスを使って貯める。街でお買い物をする時に楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める(楽天ポイントカード:使えるお店)
もし、楽天ポイントカードをまだ持っていなかったとしても、楽天カードには楽天ポイントカード機能が付帯しています。だから、楽天カードは楽天ポイントカードとしても使うことができます。

それから、楽天スーパーポイントは使い道が豊富なので、貰って困るなんてことはないと思います。
カードを使ってせっかくポイントを貰ったのに使い道に困ってしまったら、カードを使うメリットが減ってしまいます。
楽天スーパーポイントの使い方は、大きく分けると2つあります。
1つめは楽天市場 楽天トラベルなどの楽天グループで使う。2つめは、街でお買い物をする時に楽天スーパーポイントが使えるお店で使う。(街で楽天スーパーポイントが使えるお店についてはこちら)
楽天スーパーポイントは1ポイント=1円相当で使えます。

さらに、楽天にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)というのがあり、条件を達成すると楽天市場でのお買い物のポイントがアップします。
楽天カードを利用して楽天市場でお買い物をすると+2倍になり、ポイントがより貯まりやすくなります。
そのほかのSPUの条件についてはこちら

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントにデメリットはある?

楽天カードを使ってみてデメリットに感じる部分は、正直言って特に無いです。
私にとって初めてのクレジットカードで比較対象が無いというのもありますが。
「強いて言うなら」とデメリットとしてよく挙げられているものを書いておきます。

メール配信が多い

キャンペーンなどのメールがほぼ毎日何通か届きます
メールを受け取りたくない場合は楽天e-NAVIにログインして「お客様情報の紹介・変更」の「メール配信の登録・停止」で停止します。

ETCカードの年会費がかかる

楽天カードはETCカードの年会費550円(税込み)がかかります。
まあ、私はETCを使うことが無いので申し込んでいません。

明細書の郵送が有料

もし利用明細書の郵送を希望するなら、発行費用として84円(税込み)かかります。
利用明細は楽天e-NAVIの「WEB明細サービス」で無料で確認できます。
印刷、ダウンロードもできるので、特に理由がなければWEB明細サービスで問題ないと思います。

おわりに クレジットカード払いは便利だと思った

今回はクレジットカードを発行したことの報告と楽天カードについて少し紹介しました。
店頭やネットでカード払いをして、時間が経ってから銀行口座引き落としになる。この流れにまだ変な感じがしていますが、そのうち慣れてくるかな?
使う前はクレジットカードって未知のもので怖いし、と思っていました。だけど、今は便利だなと思います。
ポイントが貯まるし、今はカード払いが可能なものはクレジットカードで払うようになっています。

楽天カード新規入会はこちら