ひきこもり3年目の現状報告〈2018年5月 26か月目〉

2018年5月30日日記,自己紹介

カーテンと窓

ひきこもりになって26か月目が経ちました。代わり映えしない日々を過ごしています。

ブログもほとんど更新していないので月に1回は現状の報告でも書こうかなと思いました。これからは毎月書ければいいのですが。

 

劣化を迎える物たち

ひきこもりになって自分自身は時間が止まっているようでも確実に時間は経っているのだなと感じることが最近増えたように感じます。

そう思うきっかけの1つは物が劣化してしまう時です。

最近、いつも使っている物が壊れたり、まだ使えても寿命かなとか古くなったなと感じることが増えました。

 

まず、そう感じるのは電化製品です。家電製品は学生の時から同じものを使っているため、経年劣化で性能が悪くなったように感じます。洗濯機と炊飯器は特に。

そして、反応が悪かったマウスは先日ついに壊れました。最後に分解して埃をとってみましたが変わりませんでした。

 

次に衣料品です。気がついたら服や靴下が薄くなっているものばかりでした。ほつれたり穴が開いたりしたものもあります。

また、最近は太ったので今のままでは着られないものもあります。

それから、20歳前後に買った服が多いので着ても幼いような若作りに見えるような感じがします。

靴は古くなりどこか清潔感がありません。

さらにいつも使っていたリュックサックは金具が壊れました。

 

お金を稼ぐことについて

このままだと生活ができないのでお金を稼がなければいけないことは分かっています。

だけど、就職のこととかを考えると恐怖心で不安定になります。本当にこういうところが自分に対して甘くて情けなくなります。

バイトからでも…と考え、探してはみるのですがやはり恐怖心にかられパニックになります。

その主な原因は人とうまく関われないだろうという気持ちやミスをしてしまうだろうという気持ちです。

ひきこもりになった当初から登録しているアンケートサイトのアンケートに答え、少額を稼ぐのが現在の限界です。

 

焦り

3年目になったからか、それとももうすぐ25歳になるからか最近は焦りみたいなものは前より強くなったように感じます。多分25歳というきりの良い数字になるからですかね。

ひきこもりになった時はまだ22歳で今から思うと若かったなと思います。あっという間に30歳になる気がして、それもまた恐怖です。

 

できないといけないこと

他の人が当たり前にできることが今の私にはとても難しいです。

・早寝早起き

・洗濯物を溜めない

・3食食べる

・食器を流しに溜めない

・毎日風呂に入る

現在はこれらでさえ全部できない日や一部しかできない日ばかりです。まずはこれくらいはできるようにならなければなと思ってはいます。そして調子がいいときは運動もしたいです。

 

5月を振り返って

5月を通してみると3月下旬から身体が重いことが続いていて初旬は横になっていることが多かったです。中旬になると動けることが増えました。

ですが最近また、動けなくなったように感じます。

あと、読みたい本がいくつかあるのですが、本を開くと内容がほとんど頭に入ってきません。

 

今回も殴り書きのような雑な文章でした。来月の今頃は少しでも進歩していればいいのですが。というか進歩しないとこのまま人生終わる気がします。

それから、文章書くの上手くなりたい。

来月また現状報告が書けたらいいです。他の内容のブログも。