【こんな時使ってる】ワイヤレスイヤホンに感激して買いに行った

2020年8月15日趣味

ワイヤレスイヤホンを使っている女性

先日バイト先でワイヤレスイヤホンについて教えてもらいました

いや、ワイヤレスイヤホン自体は知ってたんですが、アナログな人間なので興味がなかったというか、
「わざわざワイヤレスにしなくても有線のイヤホンで十分じゃない?」って思ってました

それにワイヤレスイヤホンについて勝手に決めつけてる部分がありました
「どうせ高いんでしょ?」とか「ワイヤレスイヤホンに対応してる機器も買わないといけないんでしょ?」とか、よく失くしそうとか…。
そういうのがあって関心がなかったんですよね
世の中の人たちは新しいもの好きなんだろうな~と。

だけど、バイト先で教えてもらっていろいろ誤解してる部分があることが分かりました

前置きが長くなりましたが、今回は文明の利器に頑なに頼らない私がなぜワイヤレスイヤホンを買おうと思ったのか、買ってみて分かったメリット・デメリットについて書きたいと思います
私自身が初心者なので初心者目線の記事になると思います

ワイヤレスイヤホンとは

ワイヤレスイヤホンは、従来は機器とイヤホンをケーブルで接続していた有線イヤホンと違い、機器とイヤホンをケーブルで接続しないで使えるイヤホンです

ワイヤレスイヤホンは無線通信規格の1つBluetoothを使っています
スマホやPCなどにBluetooth機能が内蔵されている機器であればワイヤレスイヤホンを使うことができます
ちなみに周辺環境にもよるそうですがBluetoothの通信距離は約10mだそうです

ワイヤレスイヤホンは数千円で買えるものもあれば数万円するものもあります
ちなみに有名なワイヤレスイヤホンのAirPods Proは公式サイトによると27,800円(税別)です(2020/10/14 時点)

ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンがケーブルで繋がっているネックバンド(左右一体)型と、左右のイヤホンがケーブルで繋がってない完全ワイヤレス(左右分離)型があります

購入したワイヤレスイヤホン

私が購入したワイヤレスイヤホンはmaxellMXH-BTCF150です
ネックバンド型です。1,980円でした。

選んだ理由は買いに行った家電量販店で1番安かったからです
こだわりがすごくあるわけじゃないから1番安いのにしました

使ってみて感じたメリット・デメリット

メリットとデメリット

ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみて感じたメリット・デメリットについて書きたいと思います

メリット

機器とケーブル無しで使えるので、家事などのケーブルが邪魔になる場面で嬉しい
それから、機器とケーブルで繋げる必要がないのでポケットが無い服でも使いやすいです

デメリット

有線イヤホンとの大きな違いは「充電する必要がある」ことです
私の中で"イヤホン=充電するもの"という感覚がまだ無いので、充電し忘れて使いた時に使えないということが何度かありました
そのうち習慣になるのかなー

スポンサーリンク

こんな場面で使ってる

私は家事をする時に使っています
家事は私にとって苦手な作業なので、音楽を聴くことで苦手という気持ちを紛らわせています

アパートの壁がそんなに厚くないのでイヤホンつけないと近所迷惑になります
だけど、家事をしてる時はやっぱりケーブルは邪魔に感じます
私が持っているルームウェアにはポケットがついていないので、機器とイヤホンが離れて使えるのも嬉しいです

私は音楽を聴くのにSpotifyをよく使っています

Spotify: お気に入りの音楽やアーティストを聴く

Spotify: お気に入りの音楽やアーティストを聴く

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ

YouTubeやradikoもいいと思います

radiko

radiko

radiko Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

私のパソコンはBluetooth機能が内蔵されてないので、対応してるものが欲しいなと思いました

あと、運動する時にもいいなと思います
スマートウォッチとワイヤレスイヤホンの組み合わせとか動きやすそうですよね
最近、運動してないしスマートウォッチも持ってないけど。

おわりに 新しい波にもう少し早く乗りたい

今回はワイヤレスイヤホンについて書きました
ワイヤレスイヤホンってもしかしたら世間的にはもう新鮮味ないかもしれない…
だけど、文明の利器に頼らないというかアナログというか、世間の流行りの波が通りすぎてから乗るくらいの私からしたら最新テクノロジーです

ワイヤレスイヤホンって都会のビル街を颯爽と歩く先進的な人に似合うっていう勝手なイメージでした
だけど、私みたいにあまり外に出ることがない人、家事が苦手な人とかにもオススメだと思いました
これからはこれまでより新しいものの波に乗るのを、通りすぎるよりは少し早くしようかなと思いました